2017年07月22日

やまなみハイウェイ・大観峰 春の野焼き後の風景【動画添付】

Photo
≪工房りっちゃん≫

~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて                                                                          ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~



Top_2Photo_3Menu_3





2017年 4月 4日 晴れ[E:sun]時々[E:cloud]曇り



[E:rvcar] [E:dash] くじゅう高原の野焼きが終わった後の やまなみハイウェイからミルクロード大観峰沿いの風景を覗いてみた。
[E:pencil] この日は天気も良く 絶好のドライブ日和 窓からの高原の風が 爽やかに 感じました。


Mah00797 大観峰まで1.0km地点の風景 [E:eye] 野焼き後で全体が真っ黒く見えます
(ミルクロード 県道45号線)



Dscn2999大観峰



[E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04]
[E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04]



[E:pencil] 阿蘇北外輪山で最高峰の《大観峰》936mからは 阿蘇五岳が一望でき 360度の眺望が楽しめる 絶景のビュースポットです。

[E:pencil] 阿蘇五岳は 阿蘇涅槃像とも呼ばれ 山頂がギザギザしている根子岳が 釈迦様の顔、高岳は胸、中岳はヘソ、そして 烏帽子岳と杵島岳はヒザの部分に当たるそうです。


[E:pencil] おすすめは 初夏の太陽に輝く緑の大地。秋は運が良ければ早朝に カルデラ盆地を埋め尽くす雲海に朝日や夕方の夕日に出会うことができるそうです。絶景を見た後は 大観峰茶店での阿蘇のジャージー牛乳やソフトクリームがおすすめです。


[E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04]




Mah00797阿蘇市一の宮手野付近
(やまなみハイウェイ 県道11号 大観峰まで約20km地点)


Mah00797_6 阿蘇市一の宮町荻の草付近
(やまなみハイウェイ 県道11号 大観峰まで約10km地点)




Mah00797_5 右折してにて 大観峰へ
( やまなみハイウェイ県道11号  ⇒ ミルクロード 県道45号線 大観峰まで約8km地点)




Mah00797_2 阿蘇市一の宮町手野 宮坂尾篭牧野付近
(ミルクロード 県道45号線 大観峰まで約7km付近)





Mah00797_8木落牧場付近
(ミルクロード 県道45号線 大観峰まで5.0km地点)


Mah00797_3 山田東部牧場付近
(ミルクロード 県道45号線 大観峰まで3.0km地点)





Mah00797_10 大観峰へ左折・気候も良く ライダーが良く走っています
(ミルクロード 県道45号線 大観峰まで0.4km地点)




Mah00798212 大観峰から日田市方面へ
(ミルクロード 県道45号線 ⇒ 国道212号線まで約0.5km地点)




その他の風景


Mah00797_11


Mah00797_12








やまなみハイウェイ⇒ミルクロードへ右折      右折直後の ミルクロード





Mah00797_13


Mah00797_14








木落牧野付近の風景①②





Mah00797_15


Mah00797_16








木落牧野付近の風景③④





Photo
熊本県 阿蘇市一の宮手野付近 ~ 熊本県阿蘇市 大観峰 までのルート地図




動画


 やまなみハイウェイ(県道11号線) ~ ミルクロード(県道45号線)~ 大観峰の動画




やまなみハイウェイ・大観峰ミルクロード野焼き後の風景
YouTube: やまなみハイウェイ・大観峰ミルクロード野焼き後の風景





Top_2Photo_3Menu_3

posted by 工房りっちゃん at 20:31| やまなみハイウェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

プラド95 リヤショックアブソーバー交換の記録

Photo_3


[E:pen] 車いじりが好きな「りっちゃん」が いろいろ工夫し 専用工具無しで整備した《ランドクルーザープラド》に寝袋と枕を放り込み「みっちゃん」と 各地を ドライブした記録も一緒に ご覧ください。



[E:wrench] 車の整備は 正規マニアルではありませんので 自己責任でお願いします。        




Photo_6Photo_4HomePhoto_5
MenuPhoto_6Top_2








[E:rvcar] ランドクルーザ プラド95 走行距離が20万kmを超えで 【リヤショックアブソーバ】の交換をした時の記録です。



[E:wrench] 特殊工具やジャッキアップも必要ありませんが 上側のナットの場所が狭く作業性が悪いため時間がかかります。



[E:one] 準備:部品の手配(ショック及びブッシュ関係一式)


Dscn2829_3
・〇〇〇部品共販にてASSYで2本購入。


 


 


 








[E:two]リヤショックの取り外し


Dscn2833_4




・下側の固定ボルトを外した後 上側のナットを外しました。

[E:wrench] 下側に取り付けられたブッシュが固着してなかなか外れない、CRCを掛け放置後どうにか外れた。(20万km 放置のたまもの?)









    【上側の詳細写真】


       写真①                       


Dscn2830_2




・ 次に 上側のナットを外します。

[E:wrench] 場所が狭くナットの状態が、まったく見えない 手探りでの作業となる。














 







     写真②


Dscn2831_2




・ナットが緩んだら そのままショック側を回し外します。

[E:wrench] 場所が狭くラチェットを動かす範囲が狭い為、ショック側を回したが早い。





















     写真③ ・・ 上側のナットにラチェット(写真の上の方白い部分)を掛けた拡大写真


Dscn2832



[E:danger] 上側のナットにラチェットを掛けた状態の写真 ・・・ 場所が狭く 写真もこれが精いっぱい(。-人-。) ゴメンネ。

[E:wrench] 上側のナットは非常に狭い場所にあり 工具がうまく入りません、小型のラチェットがどうにか合いましたが わずかづつしか緩みません(動かせません)。

[E:wrench] ナットが緩んだ後は、メガネレンチを掛け固定して、 上の写真②のようにショック側をパイレンで緩めると 少し早いです。




[E:three]リヤショックの取付け 
  ・・ ショック付け根のガード側が 前方になるよう取付け。
        


Dscn2835_2


① 上側のナットを取付け ショック側を        
  回しある程度締まったところでラ          
  チェットで本締め。

[E:wrench] 取外しと逆の手順で取付け。





















Dscn2836




② 次に下側のボルトを締め付けて、最後に忘れ物がないことを確認して終了。

[E:wrench] 下側のボルト取付けは ガード(鋼製の板)側が 前方になるように取付け。























[E:pencil] 上側固定のナットの場所が狭く 工具も手も入りづらい場所で取り外しに時間がかかった、この作業は 単調な作業で 腕が疲れ DIYでは 面白くない作業の一つです。



Photo_6 Photo_4 Home Photo_5

posted by 工房りっちゃん at 09:17| 車のカスタム事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

日光東照宮の国宝 陽明門 4年ぶりの極彩色・栃木県

Photo_2≪工房りっちゃん≫
~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて                                                                          ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~ ~





Top_2Photo_3Menu_3






2017.5.14 くもり[E:cloud]時々[E:sun]晴れ
 


Photo 陽明門全景




[E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04]


日光東照宮≪陽明門≫


[E:pencil]・徳川初代将軍徳川家康公を御祭神におまつりした神社です。家康公は、世の中に秩序と組織を形成し、学問を勧め産業を興し、江戸時代260年間にわたる平和と文化の礎を築き、近代日本の発展に多大な貢献をされました。ー日光東照宮ホームページよりー



[E:pencil]・陽明門の修理は21回目、前回の修理は1973年だった。今回は東照宮の修理に一環で、総工費は約12億円。修復には地元の職人が携わり、使った金箔は約24万枚に上る。工事は2013年6月に着手し、2017年3月10日 約4年ぶりに一般公開しました。




[E:pencil]・栃木県宇都宮から「日光宇都宮道路」にて ≪美しい彫刻と豪華絢爛な建築物がある日光東照宮へ≫ とにかく人が多くてビックリ。 鳴き龍など 東照宮の多くの知られざる秘密を見て知り もう一度訪れたい気持ちになりました。


sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04






Dsc_0035


画像奥の【石鳥居】九州筑前(福岡県)藩主黒田長政公によって奉納されました。





 Dsc_0018
表門】左右に仁王像が安置されていることから「仁王門」と呼ばれています。





Dsc_0019
【参観受付所】…(料金所)右側と正面の上新道の杉並木





Dsc_0021_2
三神庫】上神庫(中央の建物)・中神庫(右側の建物)・下神庫を総称して三神庫と言い、この中には春秋渡御祭「百物揃千人武者行列」で使用される馬具や装束類が収められています。
 上神庫前の「灯篭」の中に「軍師 官兵衛」の子供 黒田長政の夫人(徳川家康の幼女「栄姫」)の灯篭もありました。





Dsc_0023
上神庫の屋根下には「想像の象」(狩野探幽下絵)の大きな彫刻がほどこされています。





Dsc_0022 
【神厩舎・三猿】神厩舎は、ご神馬をつなぐ厩(うまや)です。昔から猿が馬を守るとされているところから、長押上には猿の彫刻が8面あり、人間の一生が風刺されています。中でも「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻が有名です。・・・いつの間にか手[E:paper]が(。-人-。) ゴメンネ。





Dsc_0024 
・唐銅鳥居前の石畳み(パワースポット)から【陽明門】・本殿が一直線になっており本殿の上には北極星が見えるそうです。後ろは江戸の町 方向だそうです。





Dsc_0025
伊達政宗 奉納の【南部鉄灯篭】 陽明門に上る階段の右側にあります。境内には色々なところに「灯篭」があり 当時の諸大名が奉納したものだそうです。





Dsc_0028
【陽明門】日本を代表する最も美しい門で、宮中正門の名をいただいたと伝えられています。いつまで見ていても見飽きないところから「日暮の門」ともよばれ、故事逸話や子供の遊び、聖人賢人など500以上の彫刻がほどこされています。





Dsc_0029
御本社の【唐門】貝殻から作る白い顔料、胡粉で全体が塗られ門に掘られた龍などの細かな彫刻が印象的で 陽明門とは違い清楚な感じがする門です。





Dsc_0030
【神輿舎】春秋渡御祭(5月18日、10月17日)に使われる、三基の神輿(みこし)が納められています。とにかくどこに行っても人が多く 写真を取るのも大変です。 また手が写ってしまった。





Dsc_0031
「薬師堂」別名「本地堂」と呼ばれ日光東照宮で最大規模の建物で「総漆塗極彩色」豊かなきれいな建物です。天井には狩野派の「狩野永真安信」によって描かれた8mの龍の水墨画があります。これが「薬師堂の鳴き龍」と言われ 龍の顔の下で拍子を打つと音が共鳴して龍の鳴き声が聞こえま。現在の画は復元したものだそうです。





Dsc_0032
【鐘楼】奥の豪華な建物 と 朝鮮国使からの贈り物【朝鮮鐘】長男 家綱誕生の折送られたものだそうです。





Dsc_0033
右側 若狭の国(福井県)小浜藩主酒井忠勝公によって奉納された五重塔、初層の蟇股には十二支の動物が彫刻されていて、非常にきれいです。 、「心柱」構造で耐震性にすぐれ、現代の「スカイツリー」にも応用されています。(陽明門階段より入り口側を見たところ)




≪その他のスナップ写真≫


Dsc_0016_2


Dsc_0034








【宝物館】                      【唐鳥居】




Dsc_0020


Dsc_0036


























【上新道の杉並木】                 【参道入口】






 Top_2Photo_3Menu_3
 


2017年07月13日

移動しました 日本の風景 MENU 日時順

ページの移動について

 【日本の風景 MENY 日時順】
 はここに移動しました
 [E:down]Photo_4
2018年5月20日移動しました

日時順リストと訪れた場所を地図で表示しています

Dscn3232

Dscn3191Dscn3262Dscn3278

Dsc_0037B23PhotoDsc_0024



Dscn3351_2

Dscn3340  


 Dscn4192_2

Dscn3965_3

Dscn3808

 Dscn4848_4












 Photo_3

≪≪ 日本の風景 MENU 日時順 ≫≫

・・・・///・///・・≪ 九州編 ≫・//・・////・・・・




  • [E:tulip]・雲仙仁田峠ドライブと普賢岳とミヤマキリシマ群落の眺望
       [E:pencil] 第二展望台からは 普賢岳 平成新山の迫力ある姿が正面に見えました 長崎県 2018.5.11

  • [E:wave]・桜井二見ヶ浦の夫婦岩と玄海の波おだやかな大海原の風景
       [E:pencil]伊勢の二見ヶ浦の朝日に対して夕日の筑前二見ヶ浦として有名 福岡県 2018.4.13



・・・・・・//////・≪ 本州編 ≫・・//////・・・・・

 

・・・/////・・・・≪ 四国編 ≫・//・・///・・・・

posted by 工房りっちゃん at 20:54| 中国地方・鳥取・島根・岡山・広島・山口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

遠賀川源流点までの遊歩道の風景・福岡県

Photo_2


【工房りっちゃん】


~ ♪♩♪ドライブの好きなふたりが気ままな旅で見つけた自然とまだ見ぬ風景をもとめて ランドクルーザー プラドで行く日本の風景(^^♪ ~~                                           


 




Top_2Photo_6Photo_7







2017.6.16 [E:sun]晴れ時々[E:cloud]曇り
 


Dscn3573
 遠賀川源流点





sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04 pencil【遠賀川源流】sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04


・遠賀川(全長61km)は その源を福岡県嘉麻市馬見山(978m)に発し、途中 穂波川や英彦山川を合わせ直方平野に入り、さらに犬鳴川や笹尾川などと合流し響灘に注いでいます。九州で唯一鮭が遡上する事でも知られています。ー国土交通省遠賀川河川事務所ホームページよりー


・飯塚市方面から国道211号線を東峰村方面(道の駅小石原)へ向かい馬見山の山腹にある ≪遠賀川源流公園≫から約300m(約15分)、遊歩道の脇を流れる小川のせせらぎを聞きながら歩いていくと遠賀川の源流点です。ー嘉麻市観光ホームページよりー


・遠賀川源流公園はいつも素通りするのですが 初めて寄ってみた。駐車場は狭く 3台程度、遊歩道は よく整備されている 木を利用した階段、細い登り坂、 途中 水の音、木々を揺らす風の音、小鳥のさえずりを聴きながら約300mで源流点へ。


sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04sign04




Dscn3564_2
遠賀川源流点入口(遠賀川源流公園横)・爽やかな風が吹いていました





Dscn3565
遊歩道①入口からすぐ下りの階段・ひんやりとした風です





Dscn3566


Dscn3567











遊歩道②③きれいに整備されています・風が木々の葉を揺らしています





Dscn3568
遊歩道④源流から流れる沢・水の流れる音が心地よい





Dscn3569


Dscn3570_2











遊歩道⑤⑥登りに入ります ず~っと さわに沿って歩きます・苔むした岩や木々





Dscn3571
遊歩道⑦苔むした木の階段 源流まで200mを過ぎたあたり・原始林に入ったよう





Dscn3572
遊歩道⑧源流まで100mの表示・沢に倒れた木々が目立つ





Dscn3574
 遠賀川源流の風景と源流の標識





Dscn3575
遠賀川源流風景近づいて





Dscn3576


Dscn3577











途中の苔むした沢           遠賀川源流公園からの風景




遠賀川源流公園の場所




Photo








[E:#x1F699]。。。九州各地で出会った風景や新しい発見を記録に残して行くうちに もっと もっと 遠くに行きたくなった 日本各地の記録です。

posted by 工房りっちゃん at 11:41| 北部九州・福岡・佐賀・長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする