2019年05月20日

アウトランダーPHEVにパーキングセンサーを取り付け事例

#アウトランダー#アウトランダーPHEV#パーキングセンサー#バックセンサーPhoto_4
くるま泊の旅ブログTOP.gifくるま泊の旅日本の風景地域別.gif工房りっちゃんDIY.gif車のカスタムと手入れ.gif
アウトランダーPHEVにパーキングセンサーDIYで取り付け大満足

くるま泊の旅・アウトランダーPHEVパーキングセンサーDIYで取り付けてみた.jpg

■我が家の車庫は狭くシャッターを閉めるには車を奥までバックさせるがこの時 後ろが 壁に接触する恐れがあった 種々対策をしていたが 今回 【パーキングセンサー】を付けてみた

≪≪動画を添付しています≫≫
よろしかったらご視聴お願いします



20181011_201350.jpg 20181013_112210_HDR.jpg
【購入した パーキングセンサー】


 ≪購入したパーキングセンサーと同じもの≫


センサー 4個ケーブル 付き 12v 用 1.5m範囲のものを検知します
モニター 検知するとモニターに距離表示と音で注意喚起します 近づくにしたがって音が早くなり0.5mでは連続音になります
     ただ 音がうるさく感じる時があります 大きさは 100mm×20mm×25mm です
その他付属品
 配線図
がついているので安心して取り付け出来ます
 ホルソー センサー取付の穴あけ用です センサーは この穴に差し込むことでパッキンゴムの溝に入り抜けなくなる構造です
      両面テープなど必要品は 全てそろっています  
  


1、センサー取り付け用の穴あけけ
   20181029_104943.jpg パーキングセンサープレゼンテーション1.jpg
【付属のホルソーにて穴あけ作業】



👀 参考:バンパーの裏を見ると 純正のセンサーを取り付けるところでしょうか? 刻印がありました
赤丸部分 ドリルを差し込んでいるところ 位置決めが簡単にできました

バックセンサープレゼンテーション2.jpg



2、センサーの取り付け
20181029_105510.jpg バックセンサー取り付けプレゼンテーション4.jpg
【リード線を通してセンサーを取付穴に挿入】


20181029_110902.jpg 20181029_111412.jpg
【バンパーの後ろから見たところ センサーの白い部分が固定用のシリコン製の爪】

👀 参考:センサーを固定用の爪の溝までしっかり入れる必要があります 精密ドライバーを使ってやりました



3、配線の引き回し(センサー線をセンサーユニット本体のコネクターまで)
   ◎センサーユニット本体は後ろの荷室のケース下に設置するために取り外します



バックセンサー取り付けプレゼンテーション3.jpg   20181029_162323.jpg
【グロメットの位置と拡大写真】


20181029_124139.jpg
👀 配線を整理する前の状態


3-1 バック信号の取り出し(バックランプのプラス線から取りました)

20181028_154309.jpg   20181028_165158.jpg
【バックランプの配線から分岐して取り出し】


バックセンサープレゼンテーション1.jpg バックセンサー取り付けプレゼンテーション11.jpg
【配線の養生状況 車体下部から見たところ】


バックセンサー取り付けプレゼンテーション12.jpg
【仮配線で動作チェックok】


4、センサーのモニター運転席側に取り付けのため配線引き回し
20181027_093835.jpg
【運転席ステップ周りをばらしてセンサーモニターの配線をします】



20181027_104507.jpg
【メーター前に取り付け ・・・ 後日ダッシュボード上に変更】



5、使用感・・・最高です バックモニターと音の両方で確認 さらには 障害物までの距離が出るのでバック時の不安が減少です。
  障害物に接近した時の連続音がチョット大きいですね・・・音量調整が付いていません(´・ω・`)
結果:接触トラブル防止に有効です(個人的な感想)
訪問ありがとうございました 下記に動画を添付しています よろしければ ご覧ください
動画
コーヒータイムです)





   TopPhotoD5Photo_3

















posted by 工房りっちゃん at 09:15| 徳島 ☁| 車のカスタム事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

世界一大きな吊り橋 明石海峡大橋を渡って淡路島へ 神戸淡路鳴門自動車道ドライブ

Photo_4
くるま泊の旅ブログTOP.gifくるま泊の旅日本の風景地域別.gif工房りっちゃんDIY.gif車のカスタムと手入れ.gif

訪問日時 2018.11.21
≪≪動画を添付しています≫≫
よろしかったらご視聴ください

地図
[ここに地図が表示されます]


2018_0108_101355_007明石海峡大橋(1).jpg
【明石海峡大橋】


≪明石海峡大橋≫

★明石海峡大橋は 脚長3911m 中央支間長1991mの世界最大のつり橋で 兵庫県神戸市と淡路島の間の明石海峡に架かっています。本州四国連絡架橋事業の一環として 約10年の歳月をかけ1998年4月に完成しました。また 建設中の1995年1月17日に発生した阪神淡路大地震では 橋自体に深刻な構造上の損傷はありませんでしたが 主塔と主塔の間の距離が 数十センチ長くなったそうです

★明石海峡は 海峡の幅が 4km、最大水深は 110m、潮流の速さは 最大で4.5m(約9ノット)古くからの好漁場であると共に 1日に1,400隻以上航行する 海上交通の要所。このような厳しい自然環境のなか 風速80m/sの風や地震に耐え さらには 当時の日本において最大規模であった 中央支間長1992mの橋の桁を架設するため 水深60mの海底に 最新技術を駆使して最大約12万トンの鉛直力に耐えうる基礎を建設しました

★こうして 完成した明石海峡大橋は 今後 200年以上の長期にわたって 健全な状態を保つことを目指して 点検や調査 損傷個所に対する対策 さらには 吊り橋の生命線であるメインケーブルの腐食を防ぐために乾燥した空気をケーブル内に強制的に送り込み湿度を一定に保つ画期的な防錆技術などを開発し橋の管理に活用しています

👀 参考 : 世界最大の吊橋吊である 明石海峡大橋のスケールを 海面上 300mの高さがある主塔の最上部から 360度に広がる 大パノラマを堪能するツアーがあるそうです


■ 2018.11.21 兵庫県から世界最大の吊り橋【明石海峡大橋】を渡って淡路島へ そのまま神戸淡路鳴門自動車道を走り 【大鳴門橋】を渡って四国 へ 徳島自動車道と高松自動車道を通って 江戸時代の人々が あこがれた【金刀比羅宮】へ

その① 兵庫県
【明石海峡大橋】~神戸淡路鳴戸自動車道 淡路島南PA( コーヒータイムです)


動画


  初めて走る 世界最大の吊り橋明石海峡大橋は 片側3車線で交通量も少ない様で 非常に走りやすく よそ見をしないよう 橋からの風景を楽しみました
2018_0108_101355_007明石海峡大橋(1).jpg











明石海峡大橋 長さ3911m
  前方の主塔は 海面上300mの高さがあり この主塔に登り360度の大パノラマを眺望する ツアーが あるそうです

2018_0108_101355_007明石海峡大橋(2).jpg     2018_0108_101355_007明石海峡大橋(5).jpg 

2018_0108_101355_007明石海峡大橋(3).jpg     2018_0108_101355_007明石海峡大橋(4).jpg
【メインケーブルの大きさが車窓からでもわかります】

明石海峡大橋を渡り終え 淡路島に入ると【淡路サービスエリア】が出てきます ここが【明石海峡大橋】を眺める最高のスポットだそうです (今回は通過しました
   2018_0108_101810_009四国自動車道淡路パーキング(1).jpg2018_0108_101656_008(1).jpg
【明石海峡大橋 淡路島側】          【淡路島サービスエリア入口付近】


2018_0108_101810_009四国自動車道淡路パーキング(2).jpg











【淡路島サービスエリアのシンボルの観覧車】



神戸淡路鳴門自動車道から淡路島の景色を見ながら 淡路島南パッキングエリアへ高速道路が高所を通っているためか? 市街地が 見える個所は少ないようです  

2018_0108_102114_011(1).jpg 2018_0108_102939_013(1).jpg
   

2018_0108_103537_014(1).jpg 2018_0108_103946_015(1).jpg
   

2018_0108_103946_015(2).jpg 2018_0108_105222_016(1).jpg

 

■神戸淡路鳴門自動車道 真っすぐな道、大きくカーブを描いた道、道だけが見える風景 時々見える海と街並み 日本ではないような錯覚を覚えました 是非動画で実感を味わってください 天気も良く快適なドライブでした。

動画

 




次は 【大鳴門橋】を走って四国へ
  その② 淡路島南PA ~ 【大鳴門橋】~ 徳島自動車道 を編集します よろしくお願いします。

Photo

D5Photo_2Photo_3Top






 




ラベル:明石海峡大橋
posted by 工房りっちゃん at 08:55| 四国地方・徳島・香川・愛媛・高知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする