2019年09月12日

デリカD5車中泊用ベッドの作製 何度も微調整して完成・デリカD5 カスタム#5

くるまのカスタム事例デリカD5 #5

Photo_4
くるま泊の旅ブログTOP.gif工房りっちゃんDIY.gif車のカスタムと手入れ.gif
車中泊用ベッドの作製
(マットを乗せる台と荷台を作製)

20190915_115712.jpg
車両後方より見たところ

20190915_115723.jpg
右側のスライドドアから見たところ

20190916_103351.jpg
車内より見たテーブルと収納ケース

20190916_174832.jpg
セカンドシートを立てた時

■2019年9月から約1か月掛け作製
デリカD5で車中泊を楽しもう ~ とベッドの作製にチャレンジ! 途中 欲張ってテーブルまで取り付けてしまいました
広さ180㎝×120㎝のベッドができました
イレクターパイプの組立はタッピングビスで仮固定して寸法などを調整後 最後に接着剤を流し込みました。

目標:
①以前別の目的で購入したイレクターパイプが1本(3m)とジョイントが数個 の在庫を使用する
②イレクターパイプを使って できるだけ 安価に作る
③ベッドは車両幅いっぱいに広くする
④ベッドの脚は 収納の邪魔にならないように 端(角)に設置する

材料の準備:
①イレクターパイプ
  ・3m 1本とジョイント数個 色は白(以前の残り)
  ・3m 3本とジョイント数個 色は黒  (車両内装が黒系のため)
  ・コンパネ 180cm × 90cm 2枚
②途中で追加した材料:
  ・イレクターパイプ 120cm 黒 1本(セカンドシート側拡張用不足分)
  ・イレクターパイプ接続パイプ 2本  (セカンドシート部分が傾斜しているので脚が短すぎたため)
  ・タッピングビス 4mm×10mm     (組立時の固定用・接着剤が乾く前にズレてしまうのを防ぐ目的)

作製 下記動画を参照ください(ほとんど現物寸法合わせで作製)

※ イレクターパイプ組立時は 接着剤が乾く前にズレることが多い
私は 手間は掛かるが タッピングビスで仮固定 + 接着剤で本
固定しました




posted by 工房りっちゃん at 10:44| 車のカスタム事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

角島大橋 から 角島灯台往復 ・エメラルドグリーンの海に吸い込まれる白い角島大橋が 絶景


Photo_4
くるま泊の旅ブログTOP.gif工房りっちゃんDIY.gif車のカスタムと手入れ.gif
訪問日時 2019.9.3

 ●角島大橋を渡って角島灯台をぐる~と回って及び角島大橋を渡り一周しました。渡り始めの角島大橋の白いウェーブがエメラルドグリーンの海に吸い込まれるような景色が 思わず息をのみ わぉ~ 絶景 と こころの中で 叫んでいました。

動画


 角島大橋は2000年に開通、山口県 角島の絶景ポイントとなっています。通行料金無料の離島架橋としては2番目の長さで1780mです。ちなみに一位は 沖縄県の古宇利大橋1960mだそうです。
橋を渡る前に皆さん 記念写真 を撮られていました。

角島大橋をバックに記念撮影箇所は 3か所
  ①橋の右側「海士ヶ瀬公園」(あまがせ公園)の 駐車場に止め休憩をかね記念撮影。トイレや自動販売機などがあります
  ②橋の左側 海士ヶ瀬公園の道を挟んだ「展望台」木製の展望だUが設置されています。橋を左側から見ます。
  ③高所より橋の真正面を見る、展望台の「背面の小高い丘に道路」がありますここが 最高の撮影ポイントと思います。

🎥 映画のロケ地にもなった角島
  山口県下関市豊北町の沖 に位置する 角島 エメラルドグリーンの海に囲まれた白い砂浜がきれいな島。
  風光明媚な 島は 人気映画の「四日間の奇蹟」のロケ地としても有名です。

🌊 しおかぜの里 角島
  角島のお土産や食事処として
角島漁港婦人部の皆様が中心に運営されている ドライブの休憩スポットです
  美しい海岸 しおかぜ コバルトビーチを見ながらの休憩はなんだか心が癒される気がします
  
posted by 工房りっちゃん at 22:46| 中国地方・鳥取・島根・岡山・広島・山口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする