2019年08月21日

デリカD5 車中飯用 センターテーブル作成100均で材料で試作品のつもりが使い心地が良く現在使用中・車のカスタム #4

くるまのカスタム事例デリカD5 #4

Photo_4
くるま泊の旅ブログTOP.gif工房りっちゃんDIY.gif車のカスタムと手入れ.gif
車中飯用センターテーブル作製
(ドリンクホルダーは そのまま使えます)


        
20190822_145511.jpg
【 Before 】
20190822_162810.jpg
※二段式のテーブル
【 After 】
                  

動画


 【取り付ける目的】
  ● 道の駅などで 休憩中に 車内で簡単な食事ができるよう運転席と助手席の間に
   約30cm×23cmのテーブルを設置しました。
    ※最初は試作品のつもりで作ったが強度も問題なくそのまま使用中
 【テーブル設置時の条件】
  ● 今あるドリンク置き場 は そのまま利用する
    ①フロント側にあるプッシュ式のドリンクホルダー1ヶ
    ②センターのコンソールボックスの前側のドリンクホルダー2ヶ
  ● テーブルは 移動時に邪魔にならない大きさ
    理由:車中泊時に 助手席と後部座席を移動する時があるため 

 【材料の購入】
  ● 100均で材料を購入して試作品を作製。⇒ 結果 現在も試作品を使用しています。
    ① MDF ボード 45cm×30cm 1枚 ⇒ テーブルの板用
    ② 保温アルミシート 90cm×180cm ⇒ テーブル表面のクッション用
    ③ リメイクシート レザー調ブラック ⇒ テーブルの表皮
    合計=300円 木ネジ、杉板などは 倉庫にあるものを利用

20190722_110348.jpg
           【MDFボード】

20190822_103943.jpg
           【保温アルミシート】

DSC_0003.JPG
            【リメイクシート】

 【天板の作成】 MDFボードを2分割して天板を2枚作成して目的の形に加工
  ● 手順①MDFボード 横45cmを 22㎝(下の天板)と23cm(上の天板)
20190722_111636.jpg
  MDFボード 45cm×30cmを2分割して22cm×30cmと23cm×30cmの天板を作製


 ● 手順 ② 下の天板45cm×22cm のドリンクホルダー部分の穴あけ
20190722_175429.jpg
  穴はフロント用80㎜(丸穴)とリア側も80㎜(半丸穴)と四隅の角を取ります
   リア側はぺットボトルの頭が下天板より約3㎝出るために半丸としています

 ●手順③-1 下の天板に固定用の角材を木ネジで取り付けます
20190722_181758.jpg  
  写真右側 U型の枠で 車のフロントカップホルダーに下の天板を固定します
    写真左側 の板は 車のセンタ-コンソールの端に置き上からの荷重を支えます

 ●手順③-2 下の天板を車に仮取り付けして車に合わせグラインダーで削ります
20190722_181604_HDR.jpg
 天板の前側(車側の形状が曲線)を車の形状に合わせ削りグラつかないようにします

 ●手順③-3 下の天板を車のセンターコンソールのカップホルダー部に固定した状況
20190722_172834.jpg
  カップホルダー中央部の凹部にプラスチックの板を差し込み天板を支える板のズレ防止を図っています

 ●手順③-4 下の天板をフロント側のカップホルダーに固定したところ
20190722_172549.jpg
  写真では上の天板を仮置きしています・車と下の天板に少し隙間があります後でピタッと合わせます

  ●手順③-5 後側の天板を支える板の補強
20190723_182545.jpg
  天板を支える板は天板が後方にズレないように白いプラスチック板を追加しています

 ● 下の天板を裏返したところ
   白いプラスチック板は天板を前方に押し出す役目をしています
20190724_130812.jpg
  天板の前方は車の形状に合わせ削りピタッと合わせていますので前後左右の動きはなくなるはず
   黒い部分は車への傷防止ゴムです

 ● 手順④上の天板を仮取り付けしての高さの確認して高さは6.5cmに決定 
20190722_194523.jpg
 写真の高さ5cmだと後方のペットボトルの出し入れ時上の天板との隙間が少ないため
   取り出しにくい(上と下の天板の間の高さ)

 ●参考:高さ6.5cmで作成した試作品の完成写真
20190822_162755.jpg
 ペットボトルの頭と上の天板の隙間が約3.5㎝で斜めにすると簡単に取り出せます

 ●手順⑤ 幅120㎜ 厚さ10㎜の杉板を幅65㎜にカットして井型の桟を作り
   下の天板と木ネジで固定します
20190724_153932.jpg
 杉板が倉庫にあったのでそれを使いました

 ●手順⑥-1 上天板を取り付け問題ないか確認すると
   フトレバーを L位置に持っていくと天板に当たることが判明
20190722_194604.jpg
 シフトレバーはL位置まで行くけれど上天板に当たってしまう

 ●手順⑥-2 上天板のシフトレバーが 当たる部分を切り取り修正
20190724_172258_HDR.jpg
この時に 下天板の車と当たる部分もグラインダーで削りピタッと合いガタがないようにしています

手順⑦-1 見栄えよくしていきます 天板の板をこのまま使うと固く
   手触りが悪いので 保温アルミシートを貼ることに
20190801_105017.jpg
  一旦バラバラに分解して上の天板のみ保温アルミシートを貼りました

 ●手順⑦-2 100均のリメイクシートを貼ってさらに見栄えよくします
20190801_115231.jpg

20190801_130940.jpg

20190822_161451.jpg
見栄えよくリメイクシートを貼って試作品完成です

 ◎手順⑧いよいよ車への取り付けです
手順⑧-1 フロントカップホルダーへ固定用のU型角材取り付け
20190822_151943.jpg
傷の防止でマジックテープを付けています

●手順⑧-2 テーブルの後部をドリンクホルダーへ差し込みます
 この時白色のプラスチック板を広げながら差し込みます
20190822_152043.jpg 

手順⑧-3 テーブルの前部をフロントドリンクホルダーに置きます
先ほどのU型角材に木ネジでテーブルを固定します
20190822_145208.jpg


 ◎手順⑨ 取り付け後の使用状況確認

 ●手順⑨-1 ペットボトルをフロントドリンクホルダーに置いてみる
20190822_162709.jpg
  元のドリンクホルダーをそのまま使用できます

 ●手順⑨-2 センターコンソールのドリンクホルダーに置いてみる
20190822_162810.jpg
    
20190822_162722.jpg
センターコンソールのドリンクホルダーに置いてみるとここもピッタリ
支障なく出し入れができます

 ●手順⑨-3 取り付け状況を周囲から確認
20190822_144346.jpg
上下の天板の間には後日SWとUSBソケッットを付ける予定です

20190822_144702.jpg

20190822_144417.jpg
 固定用のU型角材と仕切り板が目立ちます⇒後日改善

20190822_145315.jpg
 
  シフトレバーの逃げも通常は目立たないように切り込みを入れています

  最後までご覧頂きありがとうございました😙

試作品が無事付きました。
   ⇒ 出来栄えがチョットの部分がありますが
     強度的にも問題無いのでこのまま使用しています。
posted by 工房りっちゃん at 22:22| 車のカスタム事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする