2020年02月03日

秋のドライブ九州③ 酷道を観たく国道265号を一路 熊本県阿蘇郡~宮崎県椎葉村へ 紅葉を見ながら 少しだけ遭遇した酷道


Photo_4
くるま泊の旅ブログTOP.gif工房りっちゃんDIY.gif車のカスタムと手入れ.gif

2019_1109_152050_046(1).jpg

訪問日時 2019.11.9

ご覧頂きありがとうございます
 ● 2019.11.9 酷道を探しに 熊本県阿蘇郡高森町の月廻温泉・公園から宮崎県東臼杵郡の椎葉村までをドライブ 途中に出会った紅葉に感動しながら山深い国道265号を走りにはしった秋の風景です
  動画の0:00~阿蘇郡 月廻温泉・公園 3:00~ 九州のへそ上益城郡山都町 4:00~ 三国トンネルから椎葉村

動画

  ≪国道265号≫
 ・熊本県阿蘇市から宮崎県小林市までの195km九州山地の中心を横断する 道路状況は悪くかって〔酷道〕と評されていた峠道は 徐々にトンネルに置き換わっているが未改良区間の飯干峠、尾股峠、輝峰峠など幅の狭いところは まだ残っています

2019_1109_152050_046(2).jpg
【熊本県上益城郡山都町付近の酷道265号】

2019_1109_152505_048鞍岡郵便局県道202号左分岐(1).jpg
【宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町付近の265号】 


 ≪月廻温泉・公園≫
 ・月廻り温泉館の温泉は源泉掛け流しで、泉質はアルカリ性単純温泉。美肌・神経痛・冷え性などに効果があります。露天風呂から見える根子岳など見事な景観は素晴らしく 阿蘇の山々を一望できる解放感は、心も身体もゆっくりほぐしてくれます。温泉だけでなく露天風呂のほか、打たせ湯、サウナがなどの設備があります
 草スキーやグラウンドゴルフができる芝生広場、ゴーカート場、小動物と遊べる動物広場、パットゴルフ場など、家族で楽しめる施設がたくさん設けられています。地鶏料理や田楽が楽しめる食事処、そば処もあります
 
-月廻温泉館HPより-


  ≪高森峠(旧道)≫
 ・この峠のバイパスとして265号が造られました阿蘇郡高森町から宮崎方面に続く峠 カーブが多く通称九十九曲がりと呼ばれている沿線には約7000本の桜 昔から「千本桜」と親しまれ桜の季節が楽しみです。

2019_1109_145735_034(1).jpg
【国道265号を横断する旧道高森峠(右から左へ)】 

2019_1109_151305_042(1).jpg
【○○キャンプ場付近の265号】

2019_1109_151546_044(1).jpg
【幣立神宮入口の国道265号】

2019_1109_151842_045(2).jpg
【九州の”へそ”モニュメントが左に】



  ≪椎葉村≫
 ・宮崎県北西部、九州山地の中央に位置し、総面積537.29km2と広大で、その96%を山林が占め、地形は1,000mを越える峻険な九州山脈に抱かれ傾斜地が多く、集落はその山間に点在している自然豊かな中山間の村です。
また、平家落人伝説を伝える村であり、現在でも独自の文化を維持し、神楽、臼太鼓踊、ひえつき節をはじめとする民謡、民話等、古くから伝わる慣習や伝統文化を大切に継承しています。
基幹産業は豊かな自然環境と森林資源を活かした農林業であり、林業はスギ、ヒノキを中心とした木材生産を行っており、農業は高冷地の特性を生かし、花卉や野菜の生産を行っています。

                                          -椎葉村HPより-


  椎葉村 鶴富屋敷の豆知識 -椎葉村観光HPよりー
・那須大八郎の妻となった鶴富姫の住まい「那須家住宅」那須大八郎と鶴富姫の悲恋の舞台です。

・大きく太い材料を使用した椎葉独特の型式で建てられています。
・その建設技術からおよそ300年前と推察されています。国指定重要文化財
・一列型平面型式を有し、家屋前面に縁を横一列に長く配置しています。平地が少なく傾斜をうまく利用するために考えられた知恵といえます。藤原期の寝殿造り営業時間
       開館・・・ 9:00-17:00

       料金・・・ 大人200円 小人100円

       
   
   
ご覧頂き ありがとうございました

                                          
posted by 工房りっちゃん at 20:26| 南九州・宮崎・鹿児島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする