2020年07月23日

磐梯吾妻スカイラインを走って 霧に浮かぶ不動沢橋と江戸時代の宿場町大内宿へ・福島県・くるま泊の旅

Photo_4
くるま泊の旅ブログTOP.gif工房りっちゃんDIY.gif車のカスタムと手入れ.gif
20191007_100650_HDR.jpg
磐梯吾妻 スカイライン 浄土平


ご覧頂きありがとうございます
 ● 2019.10.7 秋の紅葉で有名な磐梯吾妻スカイラインへ お天気に見放され小雨のうえに霧で景色は・・・霧に浮かぶ磐梯吾妻スカイラインの眺望、つばくろ峡不動沢橋は 霧に浮かび幻想的でした。その後 江戸時代の風景を残す大内宿へ 、ここでカメラの設定ミスに気付く(一昨日の日光で中禅寺湖をタイムラプス撮影した時の設定のまま・涙・)その後 編集を考えると暗い気持ちになる一日でした。

動画


  ≪磐梯吾妻スカイライン≫
 ・高湯温泉と土湯峠を結ぶ全長約29km、標高1622mの観光道路。吾妻連峰を縫うように走る 道路 はまさに空を走る道。ーー福島市観光サイト--
  通行期間は 4月上旬から11月中旬まで 冬季は通行止めです。

  ≪つばくろ谷≫
 ・浄土平の途中に イワツバメが飛び交う場所ということから「つばくろ谷」と呼ばれる場所があります 谷底まで約80mの深い谷に架かる橋が「不動沢橋

  ≪不動沢橋≫
 ・
高湯温泉から磐梯吾妻スカイラインに入ってすぐ 深い谷に大きな不動沢橋が架かっています 全長170m標高 1200m の先に福島市街の絶景が見えるポイント。紅葉の名所で北側にはトイレ付無料駐車場があります。


  ≪浄土平
 吾妻スカイラインの中間地点にある 人気のスポト。標高約1600mの浄土平は 一切経山(いっさいきょうざん)、吾妻小富士に囲まれ 火山噴火によって造られた風景は一見の価値あり。
湿原を舞台に 争いを繰り広げたという伝説に由来している。

  ≪浄土平ビジターセンター≫
  写真パネル、ジオラマで浄土平の自然と歴史がわかりやすく解説されています、ネイチャグッズや本、オリジナル登山記念バッジなども販売されています。

  ≪大内宿≫
 ・福島県 会津若松の大内宿は 江戸時代における会津西海道の「半農半宿」の宿場で 現在も街道沿いには茅葺屋根の民家が立ち並んで あたかも 江戸時代へタイムスリップしたようで人気スポットです。


  磐梯吾妻スカイライン

20191007_095028_HDR.jpg
【磐梯吾妻スカイライン①】


20191007_093953編.jpg
【磐梯吾妻スカイライン②】


20191007_094617_HDR.jpg
【磐梯吾妻スカイライン③】

20191007_100650_HDR.jpg
【磐梯吾妻スカイライン④】



  つばくろ谷と不動沢橋


20191007_092047.jpg
【つばくろ谷に架かる不動沢橋】

20191007_092127.jpg
【不動沢橋】


20191007_092204.jpg
【撤去された旧不動沢橋橋台跡①】


20191007_092214.jpg
【旧不動沢橋の名盤と説明】








  大内宿

20191007_154306_HDR.jpg
【大内宿①】

20191007_154329.jpg
【大内宿②】

20191007_154311.jpg
【大内宿③】

20191007_154344.jpg
【大内宿④】

20191007_155346.jpg
【大内宿⑤】




  その他のスナップ
     
20191007_094652_HDR.jpg

20191007_094638_HDR.jpg

20191007_095024_HDR編.jpg

20191007_104359.jpg


  磐梯吾妻スカイライン
    
         ● 駐車場・・・不動沢橋に無料駐車場トイレ有
                スカイラインの途中路肩に数台のスペースあり
                ・浄土平 は 有料駐車場

         ● 食事 、お土産 、トイレ など ・・・ 浄土平 レストハウス

         

     

   
ご覧頂き ありがとうございました =工房りっちゃん編集=




posted by 工房りっちゃん at 10:45| 東北・青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする